• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

のう【納】 の意味

  1. [音]ノウ(ナフ)(呉) ナッ(慣) (慣) ナン(慣) トウ(タフ)(慣) [訓]おさめる おさまる いれる
  1. 学習漢字]6年
  1. 〈ノウ〉
  1. 役所などにおさめ入れる。献上する。「納税納入納付献納上納滞納物納返納奉納未納
  1. しまいこむ。「納棺納骨格納収納
  1. 受け入れる。「納受納涼嘉納受納笑納
  1. 終わりにする。「納会
  1. 〈ナッ・ナ・ナン〉
  1. しまいこむ。「納所 (なっしょ) 納豆 (なっとう) 納屋 (なや) 納戸 (なんど) 
  1. 受け入れる。「納言 (なごん) 納得 (なっとく) 
  1. 〈トウ〉入れる。「出納 (すいとう) 
  1. [名のり]おさむ・のり
  • のう【納】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・実際、生命と斉しいものを残らずれてあるのです。

      泉鏡花「革鞄の怪」

    • ・・・「え、藤色とばかりじゃ、本読みがまらねえぜ。

      泉鏡花「外科室」

    • ・・・ 第一可恐いのは、明神の拝殿の蔀うち、すぐの承塵に、いつの昔に奉したのか薙刀が一振かかっている。

      泉鏡花「神鷺之巻」