• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお‐だけ〔あを‐〕【青竹】

  1. 《「あおたけ」とも》
  1. 幹が青々としている竹。
  1. 染め色の名。鮮やかな緑色。
  1. 笛。
    • 「―を雲の上人吹きたてて春の鶯さへづらすなり」〈夫木・三二〉
  1. あおだけふみ【青竹踏み】
    • 《「あおたけふみ」とも》二つに割った竹の上に土踏まずを乗せ、足踏みをする健康法。足の裏に多くあるつぼを刺激し、疲れを取り、代謝機能を高める効果があるという。