• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

はく‐さい【舶載】 の意味

  1. [名](スル)船に載せて運ぶこと。船に載せて外国から運んでくること。「救援物資を舶載する」

はく‐さい【舶載】の慣用句

  1. はくさいきょう【舶載鏡】
  • はく‐さい【舶載】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・人生上芸術上、ともに一種の因果によって、西洋に発展した歴史の断面を、輪廓にして舶載した品物である。

      夏目漱石「イズムの功過」

    • ・・・ビイルショウスキイの本もウルマイステルの事を取り入れて改版せられたが、その本は私が文芸委員会へ作者伝を出した日までには、まだ舶載せられていなかったのである。

      森鴎外「訳本ファウストについて」