• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお‐にさい〔あを‐〕【青二才】 の意味

  1. 《「にさい」は「にいせ(新背)」の音変化という》経験の浅い年若い男。あざけりや謙遜の気持ちを込めていう。「この―が何を言うか」「まだ―の私ですが」
  • あお‐にさい〔あを‐〕【青二才】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・私から見れば青二才だ。

      太宰治「駈込み訴え」

    • ・・・日本もはや明治となって四十何年、維新の立者多くは墓になり、当年の書生青二才も、福々しい元老もしくは分別臭い中老になった。

      徳冨蘆花「謀叛論(草稿)」

    • ・・・「青二才奴! よくもやりやがったな。

      葉山嘉樹「淫賣婦」