• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ばつ【罰】 の意味

  1. 常用漢字] [音]バツ(慣) バチ(慣)
  1. 〈バツ〉
  1. 法や規則の違犯に対する懲らしめ。仕置き。「罰金罰則刑罰厳罰重罰賞罰体罰
  1. 罰を与える。「処罰懲罰信賞必罰
  1. 悪行に対する神仏の報い。「神罰天罰冥罰 (みょうばつ) 
  1. 〈バチ〉神仏の報い。「仏罰
  1. [補説]「罸」は俗字。
  • ばつ【罰】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・いや、その上に悪事のを下してやろうと思っている」 婆さんは呆気にとられたのでしょう。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・自分ばかり地獄からぬけ出そうとする、陀多の無慈悲な心が、そうしてその心相当なをうけて、元の地獄へ落ちてしまったのが、御釈迦様の御目から見ると、浅間しく思召されたのでございましょう。

      芥川竜之介「蜘蛛の糸」

    • ・・・「せめては遊びながら飯の食えるものだけでもこんなことを言わなければがあたりますよ」 彼も思わず皮肉になった。

      有島武郎「親子」