• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

はやく【早く】 の意味

  1. 《形容詞「はやい」の連用形から》
  1. [名]早い時期。早い時刻。「早くに開けた地」「朝早くから並んで待つ」
  1. [副]
  1. 早い時期に。かなり前に。「早く親をなくした」「早く世に認められた」
  1. (多くあとに詠嘆の助動詞「けり」を伴って)驚いたことには。わかってみれば何と。
    • 「いかなる船なると云ふ事を知らざるに、―、賊船なりけり」〈今昔・六・六〉
  1. もともと。やっぱり。
    • 「―跡なき事にはあらざめり」〈徒然・五〇〉

はやく【早く】の慣用句

  1. はやくも【早くも】
    • [副]
    • 物事の進行や実現が予想外に早いさま。もう。「―三年の歳月が流れた」「―反響が現れる」
    • 仮に早い場合を想定しても。早くても。「仕上がりは―来週になる」
  • はやく【早く】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・さあ、早く逃げましょう」 妙子はまだ夢現のように、弱々しい声を出しました。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・少しでも早く海の中につかりたいので三人は気息を切って急いだのです。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    •  ずっと早く、まだ外が薄明るくもならないうちに、内じゅうが起きて明りを附けた。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」