• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

はん‐がた【判形/判型】 の意味

  1. 浮世絵版画の紙の大きさ。大判・間判 (あいばん) ・中判・細判・柱絵がある。
  1. (判型)本や新聞などの大きさ。A5判・B6判など。はんけい。
  1. [補説]主な判型2の寸法(単位はミリメートル)
    規格JIS
    A3判 297×420
    A4判 210×297
    A5判 148×210
    A6判 105×148(=文庫判)
    B4判 257×364
    B5判 182×257
    B6判 128×182

    規格外でよく使われるもの
    新書判 113×176
    四六判 130×188
    菊判 151×220
    A20取 148×168
    B20取 182×206
    AB判 210×257