• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

うきた‐いっけい【浮田一蕙】 とは

  1. [1795~1859]江戸末期の画家。京都の人。絵を田中訥言 (たなかとつげん) らに学び、復古大和絵派の中心となるが、安政の大獄で捕らえられて入獄。出獄後まもなく没。