• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

うき‐ね【浮き寝】 の意味

  1. 水鳥が水に浮いたまま寝ること。
  1. 人が船の中で寝ること。
    • 「波の上に―せし宵あど思 (も) へか心悲しく夢 (いめ) に見えつる」〈・三六三九〉
  1. 心が落ち着かないで、安眠できず横になっていること。
    • 「涙川枕流るる―には夢も定かに見えずぞありける」〈古今・恋一〉
  1. 夫婦でない男女のかりそめの添い寝。
    • 「いとかう仮なる―のほどを思ひ侍るに」〈・帚木〉

うき‐ね【浮き寝】の慣用句

  1. うきねのとこ【浮き寝の床】
    • 水の上や船の中などの寝る所。
      「鴛鴦(をしどり)の―や荒れぬらむつららゐにけり昆陽(こや)の池水」〈千載・冬〉
  1. うきねのとり【浮き寝の鳥】
    • 水に浮いたまま寝る鳥。和歌ではふつう、思う人に会えない嘆きにたとえていう。
      「涙川―となりぬれど人にはえこそみなれざりけれ」〈千載・恋一〉