• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ひ‐うん【非運/否運】 の意味

  1. 運命が開けないこと。運がないこと。ふしあわせ。不運。⇔幸運
  • ひ‐うん【非運/否運】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・がおりませんならば、不幸一歩を誤りて戦敗の非運に遭いまするならば、その国はそのときたちまちにして亡びてしまうのであります。

      内村鑑三「デンマルク国の話」

    • ・・・そして雲はなにかそうした安逸の非運を悲しんでいるかのように思われるのだった。

      梶井基次郎「蒼穹」

    • ・・・桂正作は武士の子、今や彼が一家は非運の底にあれど、ようするに彼は紳士の子、それが下等社会といっしょに一膳めしに舌打ち鳴らすか、と思って涙ぐんだのではない。

      国木田独歩「非凡なる凡人」