• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ひ‐ごろ【日頃】 の意味

  1. (副詞的にも用いる)
  1. ふだん。平生 (へいぜい) 。つねひごろ。「―の心がけ」「―感じていること」
  1. ある程度の日数。数日。
    • 「―経て宮にかへり給うけり」〈伊勢・八三〉
  1. このごろ。近ごろ。数日来。
  • ひ‐ごろ【日頃】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――甚太夫はそう思うと、日頃沈着な彼にも似合わず、すぐさま恩地の屋敷へ踏みこんで、勝負を決したいような心もちさえした。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • 日頃拝みなれた、端厳微妙の御顔でございますが、それを見ると、不思議にもまた耳もとで、『その男の云う事を聞くがよい。

      芥川竜之介「運」

    • ・・・いや、耳を借さない所か、彼はその権妻と云う言が大嫌いで、日頃から私をつかまえては、『何しろいくら開化したと云った所で、まだ日本では妾と云うものが公然と幅を利かせているのだから。

      芥川竜之介「開化の良人」