• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ひ‐ざら【火皿】 の意味

  1. その上で火を燃やすための皿。
  1. キセル・パイプのタバコの葉を詰めるところ。
  1. こんろや暖炉・ストーブなどの、燃料をたく下に置く鉄の格子。さな。火格子。ロストル。
  1. 火縄銃の火薬を詰めるところ。

ひ‐ざら【火皿】の慣用句

  1. ひざらがい【火皿貝/石鼈/膝皿貝】
    • 多板綱の軟体動物の総称。体は小判形で、背面中央に8枚の殻が縦に並び、周縁は固い肉帯で覆われる。目・触角はない。すべて海産で、沿岸の岩礁上に付着する。じいがせ。
    • 多板綱の一種。潮間帯の岩礁に張り付き、体長約5.5センチ。殻は黒褐色、肉帯は灰色と黒の横縞があり、小さなとげが密生する。
  • ひ‐ざら【火皿】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 蝙蝠が居そうな鼻の穴に、煙は残って、火皿に白くなった吸殻を、ふっふっと、爺は掌の皺に吹落し、眉をしかめて、念のために、火の気のないのを目でためて、吹落すと、葉末にかかって、ぽすぽすと消える処を、もう一つ破草履で、ぐいと踏んで、「よ・・・

      泉鏡花「燈明之巻」

    • ・・・を掻いたついでに、白金の高彫の、翼に金剛石を鏤め、目には血膸玉、嘴と爪に緑宝玉の象嵌した、白く輝く鸚鵡の釵――何某の伯爵が心を籠めた贈ものとて、人は知って、と称うるその釵を抜いて、脚を返して、喫掛けた火皿の脂を浚った。

      泉鏡花「伯爵の釵」

    • ・・・ その途端に燈火はふっと消えて跡へは闇が行きわたり、燃えさした跡の火皿がしばらくは一人で晃々。

      山田美妙「武蔵野」