• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ひだり【左】 の意味

  1. 東に向いたとき北にあたる方。大部分の人が、食事のとき茶碗を持つ側。左方。「四つ角を―に曲がる」⇔
  1. 左方の手。ひだりて。「―が入って四つに組む」⇔
  1. 右手より左手の利くこと。左利き。「―の代打」⇔
  1. 野球の左翼。レフト。「―越えホーマーを打った」⇔
  1. 急進的な思想傾向があること。フランス革命後の議会で、急進派が議長席から見て左側に議席を持ったことから出た語。左翼。「―に傾いた思想」⇔
  1. 酒を好んで飲むこと。また、その人。左党。左利き。
  1. 歌合わせ・絵合わせなどで、左側の組。⇔
  1. 官職を左右に分けたときの左方。日本では通常、右より上位とした。「―の大臣 (おとど) 」⇔

ひだり【左】の慣用句

  1. 左褄を取る
    • 《芸者が左手で着物の褄を取って歩くところから》芸者勤めをする。
      「昔、―・っていたらしい面影も浮んで来て」〈秋声仮装人物
  1. 左平目に右鰈
    • ヒラメとカレイの見分け方をいうもの。両目のある側を奥に、腹を手前にして置いたとき、頭が左にあればヒラメ、右にあればカレイ。
  1. ひだりうちわ【左団扇】
    • 利き手でない左手でゆうゆうとうちわを使うこと。転じて、安楽に暮らすこと。ひだりおうぎ。「―で暮らす」「―の生活」
  1. ひだりうま【左馬】
    • 「馬」の字を左右反転させたもの。縁起のよい図柄とされる。
    • [補説]馬は左側から乗ると倒れないとされるため、また「うま」を逆さに読んだ「まう(舞う)」が祝い事を連想させるためなど、由来には諸説がある。
  1. ひだりおうぎ【左扇】
  1. ひだりおり【左折り】
    • 物を左に折ること。特に、烏帽子(えぼし)の上部を左に折ること。
      「三番の―に折りて給はり候へ」〈謡・烏帽子折
  1. ひだりおりえぼし【左折烏帽子】
    • 風折(かざおり)烏帽子で、左側に折り曲げたもの。ひだりえぼし。
  1. ひだりがき【左書(き)】
    • 文字を左から右の方へ書くこと。一般に左横書きのこと。
  1. ひだりがって【左勝手】
    • 左ひざを立て、右ひざをついた座り方。
      「脇差(わきざし)さいて腰かがめ―に坐したりけり」〈浄・碁盤太平記
  1. ひだりがな【左仮名】
    • 漢字の左側につける振り仮名。右に読み方、左に意味を示すことが多い。
  1. ひだりがわ【左側】
    • 左の方の側。さそく。
  1. ひだりきき【左利き】
    • 右手よりも左手のほうがよくきくこと。また、その人。左ぎっちょ。ぎっちょ。
    • 酒が好きで強いこと。また、その人。左党(さとう)
    • [補説]2は、金鉱を掘るとき右手に槌(つち)、左手に鑿(のみ)を持つことから、鑿手と飲み手をかけたものという。
  1. ひだりぎっちょ【左ぎっちょ】
  1. ひだりぜん【左膳】
  1. ひだりづかい【左遣い】
    • 三人遣いの操り人形で、人形の左手の操作を受け持つ人。→三人遣い
  1. ひだりづま【左褄】
    • 着物の左身頃(みごろ)の褄。
  1. ひだりて【左手】
    • 左方の手。
    • 左の方。左側。「道の―」
  1. ひだりとう【左党】
  1. ひだりとじ【左綴じ】
    • 表紙を上にして置いたとき、左側に綴じ目があること。また、そのような書物。本文はふつう横書きとなる。左開き。
  1. ひだりどもえ【左巴】
    • 紋所の名。の左巻きのもの。
  1. ひだりなわ【左縄】
    • 左縒(よ)りにした縄。ふつうは右縒りだが、祭事に用いるものに多くみられる。
    • 物事が思うようにならないこと。左前(ひだりまえ)
      「かう―になるからは父(と)様のことも埒(らち)明かぬ」〈浄・丹波与作
  1. ひだりのうまづかさ【左馬寮】
  1. ひだりのうまのかみ【左馬頭】
  1. ひだりのおおいもうちぎみ【左大臣】
  1. ひだりのおとど【左大臣】
  1. ひだりのかた【左の方】
    • 二分したときの左側。また、左の組。
    • 相撲(すまい)の節(せち)で、相撲人を左右に分けたときの左方。今の東方(ひがしかた)
      「―にも右の方にも負くる事なかりければ」〈今昔・二三・二三〉
  1. ひだりのつかさ【左の司】
  1. ひだりばらみ【左孕み】
    • 腹の左の方にかたよってはらむこと。男子が生まれるとの俗信があった。
      「殊に―は御男子のしるし」〈浄・廿四孝
  1. ひだりびらき【左開き】
    • 左方向に開ける扉や書物など。書物の場合は左綴(と)ともいう。
  1. ひだりふうじ【左封じ】
    • 書状の封の仕方で、左を上にして封をすること。果し状や遺言などの凶事に用いる。
    • 野球で、左打者が活躍できないようにすること。左投手の起用によることが多い。
  1. ひだりふじ【左富士】
    • 東海道で江戸から京に向かう際、道の左側に富士山が見えること。歌川広重の浮世絵にも描かれた。
    • [補説]東海道は太平洋岸に沿うので、富士山は通常、道の右側に見えるが、茅ヶ崎市南湖(なんご)付近と富士市吉原(よしわら)付近では道が大きく湾曲しているため、左側に見える。また現在では、東海道新幹線の下り列車が静岡市青木地区付近を通過する数十秒間のみ、左側の車窓に富士山が見えることにもいう。
  1. ひだりまえ【左前】
    • 相手から見て、左の衽(おくみ)を上に出して和服を着ること。普通の着方と反対で、死者の装束に用いる。ただし、女性の洋服類は左前に仕立てる。
    • 運が傾くこと。経済的に苦しくなること。左向き。「家業が―になる」
  1. ひだりまき【左巻(き)】
    • 左の方へ巻くこと。時計の針の回り方と反対に巻いていること。
    • 《つむじが左に巻いている人は頭が悪いという俗説から》頭の働きが鈍いこと。
  1. ひだりまわり【左回り】
    • 左の方へ向かって回ること。時計の針の進む方向と逆に回ること。反時計回り。
  1. ひだりみぎ【左右】
    • 左と右。左方と右方。さゆう。
    • 左と右を取り違えること。みぎひだり。「サンダルを―に履く」
    • あれこれとすること。あれやこれや。とやかく。多く「に」を伴って副詞的に用いる。
      「―に苦しう思へど」〈・空蝉〉
  1. ひだりむき【左向き】
    • 左の方へ向くこと。左の方に向いていること。
  1. ひだりもじ【左文字】
    • 裏返しに見た形の文字。印章などに刻んだ文字。鏡文字。
      「―にぞ印(おし)たりける」〈読・弓張月・残〉
  1. ひだりゆがみ【左歪み】
    • 左側がゆがんでいること。また、左の方へゆがむこと。
    • 夫婦の身分や貧富がふつりあいであること。
      「貧しき者、たのしき妻(め)をまうくるは、―と云ふ事なれば」〈盛衰記・一〉
  1. ひだりよこずれだんそう【左横ずれ断層】
  1. ひだりよつ【左四つ】
    • 相撲で、互いに左手を下手(したて)に組んだ体勢。
  1. ひだりより【左寄り】
    • 左側に寄った方。
    • 思想や言動が左翼的であること。
  1. ひだりより【左縒り】
    • 右から左の方向へよりをかけること。また、そのようによったもの。
  • ひだり【左】の例文

    出典:青空文庫

    •  立てきった障子にはうららかな日の光がさして、嵯峨たる老木の梅の影が、何間かの明みを、右の端からの端まで画の如く鮮に領している。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・それも百姓に珍らしい長い顔の男で、禿げ上った額からの半面にかけて火傷の跡がてらてらと光り、下瞼が赤くべっかんこをしていた。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・ 目前へ路がついたように、座敷をよぎる留南奇の薫、ほの床しく身に染むと、彼方も思う男の人香に寄る蝶、処を違えず二枚の襖を、の外、立花が立った前に近づき、「立花さん。

      泉鏡花「伊勢之巻」