• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお‐やぎ〔あを‐〕【青柳】 の意味

  1. 青々と葉をつけた柳。あおやなぎ。 春》
  1. バカガイのむき身。 春》
  1. 襲 (かさね) の色目の名。表裏とも濃い青、または表は青、裏は薄青。春に用いた。
  1. [補説]曲名別項。→青柳

あお‐やぎ〔あを‐〕【青柳】の慣用句

  1. あおやぎそう【青柳草】
    • ユリ科の多年草。本州中部以北の山地に自生。高さ50~90センチ。葉は細長い楕円形。夏、緑色または淡紫色の花が円錐状につく。根茎は有毒。
  1. あおやぎの【青柳の】
    • [枕]《青柳の糸のような枝を鬘(かずら)にかける意から》「いと」「かずら」などにかかる。
      「―いと定めなき人の心を」〈拾遺・恋三〉
  • あお‐やぎ〔あを‐〕【青柳】の例文

    出典:青空文庫

    • 青柳町の百二十余日、予はついに満足を感ずることができなかった。

      石川啄木「初めて見たる小樽」

    • ・・・ と身を横に、蔽うた燈を離れたので、玉ぼやを透かした薄あかりに、くっきり描き出された、上り口の半身は、雲の絶間の青柳見るよう、髪も容もすっきりした中年増。

      泉鏡花「女客」

    • ・・・       三 門、背戸の清き流、軒に高き二本柳、――その青柳の葉の繁茂――ここに彳み、あの背戸に団扇を持った、その姿が思われます。

      泉鏡花「雪霊記事」