• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ひん‐こう〔‐カウ〕【品行】 の意味

  1. ふだんのおこない。身持ち。行状。「―を慎む」「―方正」

ひん‐こう〔‐カウ〕【品行】の慣用句

  1. ひんこうほうせい【品行方正】
    • [名・形動]行いがきちんとしていて正しいこと。また、そのさま。
  • ひん‐こう〔‐カウ〕【品行】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、何でも夫になる人は煙草ものまなければ酒ものまない、品行方正の紳士でなければならないと言っていると云うことです。

      芥川竜之介「手紙」

    • ・・・りしまで、高峰はかの婦人のことにつきて、予にすら一言をも語らざりしかど、年齢においても、地位においても、高峰は室あらざるべからざる身なるにもかかわらず、家を納むる夫人なく、しかも渠は学生たりし時代より品行いっそう謹厳にてありしなり。

      泉鏡花「外科室」

    • ・・・が、爰に一つ註釈を加えねばならないのは元来江戸のいわゆる通人間には情事を風流とする伝襲があったので、江戸の通人の女遊びは一概に不品行呼ばわりする事は出来ない。

      内田魯庵「淡島椿岳」