• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

びん‐しょう〔‐セフ〕【敏×捷】 の意味

  1. [名・形動]
  1. 動作がすばやいこと。また、そのさま。「敏捷な身のこなし」「敏捷性」
  1. 理解や判断が早いこと。また、そのさま。
  1. [派生]びんしょうさ[名]
  • びん‐しょう〔‐セフ〕【敏×捷】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・従ってまた人物も、顔は役者のごとくのっぺりしていて、髪は油絵の具のごとくてらてらしていて、声はヴァイオリンのごとく優しくって、言葉は詩のごとく気が利いていて、女を口説く事は歌骨牌をとるごとく敏捷で、金を借り倒す事は薩摩琵琶をうたうごとく勇壮・・・

      芥川竜之介「葱」

    • ・・・藍色の夏服を着た、敏捷そうな奴である、ボイは、黙って、脇にかかえていた新聞の一束を、テーブルの上へのせる。

      芥川竜之介「MENSURA ZOILI」

    • ・・・――わッと群集の騒いだ時、……堪らぬ、と飛上って、紫玉を圧えて、生命を取留めたのもこの下男で、同時に狩衣を剥ぎ、緋の袴の紐を引解いたのも――鎌倉殿のためには敏捷な、忠義な奴で――この下男である。

      泉鏡花「伯爵の釵」