• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふくりょう‐ほうすう【伏××雛】 の意味

  1. 《「蜀志」諸葛亮伝注から》池の中に潜んでいる竜と、鳳凰 (ほうおう) の雛 (ひな) 。三国時代、司馬徽 (しばき) は、諸葛亮をさして伏竜に、龐士元 (ほうしげん) をさして鳳雛と評した。転じて、世間に知られずにいる大人物と将来有望な若者のたとえ。