• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あか‐いろ【赤色】 の意味

  1. 赤い色。また、朱色緋色など赤系統の色。あか。
  1. 古代・中世の染め色の名。茜 (あかね) 櫨 (はじ) とで染めた、赤に黄みが加わった色。禁色 (きんじき) の一。赤白橡 (あかしろつるばみ) 
  1. 襲 (かさね) の色目の名。諸説があり、表が赤、裏が二藍 (ふたあい) 、また、表が蘇芳 (すおう) 、裏が縹 (はなだ) 
  1. 織り色の名。縦糸が紫、横糸が蘇芳のもの。縦糸・横糸ともに赤とも。
  1. 赤色の袍 (ほう) 」の略。

あか‐いろ【赤色】の慣用句

  1. あかいろのほう【赤色の袍】
  • あか‐いろ【赤色】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・と毒々しい赤色で書いてあるのが眼を牽いたので、彼は急ぎながらも、毒々しい箱の字を少し振り返り気味にまでなって読むほどの余裕をその車に与えた。

      有島武郎「卑怯者」

    • ・・・脊の高い瘠男の、おなじ毛糸の赤襯衣を着込んだのが、緋の法衣らしい、坊主袖の、ぶわぶわするのを上に絡って、脛を赤色の巻きゲエトル。

      泉鏡花「燈明之巻」

    • ・・・往復の船は舷灯の青色と赤色との位置で、往来が互に判るようにして漕いで居る。

      幸田露伴「夜の隅田川」