• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふ‐しょう〔‐シヤウ〕【富商】 の意味

  1. 富裕な商人。
    • 「某大病院は―豪家より造費を出し」〈村田文夫・西洋聞見録〉
  • ふ‐しょう〔‐シヤウ〕【富商】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ ことごとく、これは土地の大名、城内の縉紳、豪族、富商の奥よりして供えたものだと聞く。

      泉鏡花「夫人利生記」

    • ・・・植通も泉州の堺、――これは富商のいた処である、あるいはまた西方諸国に流浪し、聟の十川(十川一存を見放つまいとして、しんしんの身ながらに笏や筆を擱いて弓箭鎗太刀を取って武勇の沙汰にも及んだということである。

      幸田露伴「魔法修行者」

    • ・・・家は軽快なる二階づくりで其の門墻も亦極めていかめしからざるところ、われわれの目には富商の隠宅か或は旗亭かとも思われた位で、今日の紳士が好んで築造する邸宅とは全く趣を異にしたものであった。

      永井荷風「上野」