• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

うち‐こし【打(ち)越し】 の意味

  1. 連歌連句で、付句の前々句のこと。付句をする場合、この句と題材、趣向が似ることを嫌う。
  1. 1をしゃれて用いて)次の宿で休まず、その先の宿まで行くこと。
    • 「ふた川まで―だがいいか」〈滑・膝栗毛・四〉
  1. 打ち越し酒」の略。
  1. 江戸時代の商慣習の一。貨物を江戸の問屋を通さないで、奥羽上方で直接やりとりすること。また、その貨物。

うち‐こし【打(ち)越し】の慣用句

  1. うちこしざけ【打ち越し酒】
    • 酒宴の席で、席順などによらず、名ざしで杯を差すこと。
      「酔(よ)ひのまぎれに年一つ―の二年酔(にねんゑひ)かな」〈虎明狂・餅酒〉
  1. うちこしだるき【打(ち)越し垂木】
    • 社寺建築で、母屋から向拝柱(こうはいばしら)の上に架け渡した垂木。