• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぶら の意味

  1. 《「ぶらぶら」から》
  1. ぶらぶら垂れ下がったもの。
    • 「足が二本―になったっけが」〈滑・浮世風呂・四〉
  1. ぶら提灯 (ちょうちん) 」の略。
    • 「その―はよしな、弓張りがよいよ」〈滑・虚誕計〉
  1. 地名を表す語に付いて、そこをぶらぶら歩く意を表す。「銀(=銀座)―」
  • ぶらの例文

    出典:青空文庫

    • 菊池となら一日ぶら/\していても、飽きるような事はなかろうと思う。

      芥川竜之介「兄貴のような心持」

    • 御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。

      芥川竜之介「蜘蛛の糸」

    • ・・・まだ頸にぶら下った、長い縄をひきずりながら。

      芥川竜之介「白」