• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぶらい‐かん【無頼漢】 の意味

  1. 無頼な男。ならず者。ごろつき。
  • ぶらい‐かん【無頼漢】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・だがそいつはこの新聞で見ると、無頼漢だと書いてあるではないか。

      芥川竜之介「首が落ちた話」

    • ・・・その中でもまたおもしろかったのは道化た西洋の無頼漢が二人、化けもの屋敷に泊まる場面である。

      芥川竜之介「追憶」

    • ・・・また会社の人達は、ぼくをまるで無頼漢扱いにして皮肉をいう。

      太宰治「虚構の春」