• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

うち‐もの【打(ち)物】 の意味

  1. 雅楽で使う打楽器。羯鼓 (かっこ) 三の鼓 (つづみ) 太鼓鉦鼓 (しょうこ) など。
  1. 刀剣・薙刀 (なぎなた) などの、打ち合って戦うための武器。
  1. 打ち鍛えたり、打って延ばしたりして作った金属器具。→鋳物
  1. 穀物の粉と砂糖をまぜ、型に入れて固めた菓子。落雁 (らくがん) など。打ち菓子。
  1. 砧 (きぬた) で打って柔らかくしたり、つやを出したりした絹織物などの布。
  1. 品物の交換。また、そのための品物。
    • 「『いや、あれは人ので御ざりまする』『その儀ならば、―にいたそ』」〈狂言記・富士松〉

うち‐もの【打(ち)物】の慣用句

  1. うちものし【打(ち)物師】
    • 金属を打って器物を作る職人。
  1. うちものわざ【打ち物業】
    • 刀・槍などで打ち合い、戦うこと。
      「―にてかなふまじ、組んで力の勝負せん」〈謡・烏帽子折