• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふり‐てがた【振(り)手形】 の意味

  1. 江戸時代、両替屋に預金をしている者が、その両替屋を支払人として発行した手形。また、両替屋間で、互いにその相手を支払人として発行された手形。記名式所持人払い。大坂で多く行われたので大坂手形ともいう。振出手形。