• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぶん‐ちょう〔‐チヤウ〕【蚊帳】 の意味

  • ぶん‐ちょう〔‐チヤウ〕【蚊帳】の例文

    出典:青空文庫

    • 蚊帳の中には次の間にともした電燈の光がさしこんでいた。

      芥川竜之介「子供の病気」

    • ・・・その晩も僕はふだんのように本を二三冊蚊帳の中へ持ちこみ、枕もとの電燈を明るくした。

      芥川竜之介「死後」

    • ・・・ 主人は大胡座で、落着澄まし、「吝なことをお言いなさんな、お民さん、阿母は行火だというのに、押入には葛籠へ入って、まだ蚊帳があるという騒ぎだ。

      泉鏡花「女客」