• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

へい‐しゅつ【×迸出】 の意味

  1. [名](スル)ほとばしり出ること。ほうしゅつ。
    • 「噴水器を仕掛たごとく、盛に真直に―している」〈花袋・重右衛門の最後〉
  • へい‐しゅつ【×迸出】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ と破れた人間離のした嗄声が咽喉を衝いて迸出たが、応ずる者なし。

      著:ガールシンフセヴォロド・ミハイロヴィチ 訳:二葉亭四迷「四日間」

    • ・・・それが皺曲や断層やまた地下熔岩の迸出によって生じた脈状あるいは塊状の夾雑物によって複雑な構造物を形成している。

      寺田寅彦「地震雑感」

    • ・・・近松は、あれほど沢山の浄瑠璃を書かざるを得なかった程、義理人情の枠を突破する現実の人間性の迸出を当時の社会にあって感覚したのである。

      宮本百合子「「迷いの末は」」