• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ベトナム【Vietnam】 の意味

  1. インドシナ半島東部にある社会主義共和国。首都ハノイ。国土は南北に細長く、ホン川メコン川の両デルタ地帯を中心に水田農業が行われる。北部は鉱物資源に富む。1802年、阮朝 (げんちょう) のもとで統一されたが、1887年以降フランスの保護領となった。第二次大戦中は日本が進駐。戦後の1945年、北部にホー=チミンを首班とするベトナム民主共和国が独立を宣言し、フランスとの間にインドシナ戦争が勃発。1954年のジュネーブ協定によって北緯17度線を境として南北に二分され、南部には1955年に米国の支援によりベトナム共和国(南ベトナム)が成立。1961年以降、米国および南ベトナム軍と北ベトナムおよび南ベトナム解放民族戦線との間にベトナム戦争が続いたが、1976年に南北の統一が実現。人口8957万(2010)。
  1. [補説]「越南」とも書く。

ベトナム【Vietnam】の慣用句

  1. ベトナムご【ベトナム語】
  1. ベトナムせんそう【ベトナム戦争】
    • ベトナムの統一をめぐる戦争。1960年に結成された南ベトナム解放民族戦線が、1961年、北ベトナムの支援のもとに南ベトナム政府に対して本格的な抗争を開始し、1969年には臨時革命政府を樹立。その間、1963年にはアメリカが全面的に軍事介入したが、1973年の和平協定により撤退。1975年、サイゴンが陥落して南ベトナム政府は崩壊。1976年、南北ベトナムの統一が実現した。第二次インドシナ戦争。→インドシナ戦争
  • ベトナム【Vietnam】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・近くもたれようとしているアジアの国際婦人民主連盟の大会でわたしたち日本の女性は、自分たちと世界の災厄をふせぐために、ベトナムの若い代表婦人が、ブダペストから世界の良心にアッピールしたように、アッピールする機会をもたなければならないと思う。

      宮本百合子「人間イヴの誕生」