• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ヘボン【James Curtis Hepburn】 とは

  1. [1815~1911]米国の宣教師・医師。日本名、平文。安政6年(1859)来日し、神奈川で医療と伝道に従事するかたわら、和英辞典「和英語林集成」を編集、ヘボン式ローマ字を創始。また、新・旧約聖書を和訳し刊行。明治25年(1892)帰国。

ヘボン【James Curtis Hepburn】の慣用句

  1. ヘボンしきローマじつづりかた【ヘボン式ローマ字綴り方】
    • 日本語を書き表すためのローマ字のつづり方の一。明治18年(1885)に羅馬字会(ローマじかい)が定めたつづり方をヘボンが同19年の「和英語林集成第三版」に採用し一般化したもの。→ローマ字綴(つづ)