• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

アカシア【acacia】 の意味

  1. 《「アカシヤ」とも》
  1. マメ科アカシア属の常緑樹の総称。葉は羽状複葉。花は黄色、まれに白色で、多数集まって穂状に咲く。オーストラリアを中心に約650種が分布。ギンヨウアカシアアラビアゴムノキなどが含まれる。
  1. ハリエンジュの俗称。花は白い。にせアカシア。 花=夏》
  • アカシア【acacia】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 自分は幾度となく、青い水に臨んだアカシアが、初夏のやわらかな風にふかれて、ほろほろと白い花を落すのを見た。

      芥川竜之介「大川の水」

    • ・・・…… 下の谷間に朝霧が漂うて、アカシアがまだ対の葉を俯せて睡っている、――そうした朝早く、不眠に悩まされた彼は、早起きの子供らを伴れて、小さなのは褞袍の中に負ぶって、前の杉山の下で山笹の筍など抜いて遊んでいる。

      葛西善蔵「贋物」

    • ・・・     雪の札幌 樹木についた雪、すぐ頭の上まで、積雪で高まった道路の為来るアカシアの裸の、小さいとげのある枝。

      宮本百合子「一九二五年より一九二七年一月まで」