• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あかし‐びと【証人】 の意味

  1. 事実を証明する人。しょうにん。
    • 「其を救う為の一個 (ひとり) の―にならねばならぬ」〈木下尚江火の柱
  • あかし‐びと【証人】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・式を挙げるに福沢先生を証人に立てて外国風に契約を交換す結婚の新例を開き、明治五、六年頃に一夫一婦論を説いて婦人の権利を主張したほどのフェミニストであったから、身文教の首班に座するや先ず根本的に改造を企てたのは女子教育であった。

      内田魯庵「四十年前」

    • ・・・だれか、たしかな証人がなくては、やはり、いい争いができて同じことだろう。

      小川未明「ある夜の星たちの話」

    • ・・・有原も証人として召喚せられた。

      太宰治「花火」