• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あがた【県】

  1. 大化の改新以前、諸国にあった大和政権の地方組織。また、県主 (あがたぬし) が統治した地域とも。
  1. 平安時代の国司の任国。また、その国司。
  1. 地方。いなか。
    • 「田面 (たづら) なるわら屋の軒の薦簾 (こもすだれ) これや―のしるしなるらん」〈夫木・三〇〉
  1. あがたありき【県歩行】
    • 律令制下の地方官が、任国から任国へ転々と勤務して回ること。
  1. あがたぬし【県主】
  1. あがたのいど【県の井戸】
    • 平安京大内裏の西隅(現在の京都市上京区)にあった県宮(あがたのみや)の井戸。また、その辺りの地名。山吹と蛙(かえる)の名所。[歌枕]
      「かはづ鳴く―に春暮れて散りやしぬらん山吹の花」〈続後撰・春下〉
  1. あがためし【県召】
  1. あがためしのじもく【県召の除目】