• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

み‐よう〔‐ヤウ〕【見様】 の意味

  1. 物を見る方法。みかた。「―によってはそうも考えられる」

み‐よう〔‐ヤウ〕【見様】の慣用句

  1. みようみまね【見様見真似】
    • 人のするのを見て、そのまねをすること。「―でろくろを回す」
  • み‐よう〔‐ヤウ〕【見様】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・歌に景曲は見様体に属すと定家卿もの給うなり。

      正岡子規「俳人蕪村」

    • ・・・を読み終ってから、私の心に起ったものは、世の中は見様で何と云う相違があることだろう! と云う驚きでした。

      宮本百合子「男女交際より家庭生活へ」

    • ・・・ 一番思い出さるべき顔の様子までその様に自分のものは不明瞭であるから、これから書いて見様とする種々な時に起った様々な事柄の互の間には何の連絡もなく、理由も時間も明かでない事の方が多い。

      宮本百合子「追憶」