• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

モルモット【(オランダ)marmot】 の意味

  1. 齧歯 (げっし) 目テンジクネズミ科の哺乳類。南アメリカ産の野生種から家畜化されたもの。体長約25センチ、尾はない。四肢は短く、耳は小さくて丸い。毛色は白・茶・黒など。動物実験・愛玩用。初めは食用とされた。16世紀にオランダ人がリス科のマーモットと混同し、誤って伝えたことによる名。ギニアピッグ。
  1. 《動物実験用の1の意から》実験材料。実験台。
  • モルモット【(オランダ)marmot】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・シェークスピアとかドストエフスキーとかイブセンとかいう人々は、人間生死の境といったような重大な環境の中に人間をほうり込んで、試験檻の中のモルモットのごとくそれを観察した。

      寺田寅彦「科学と文学」

    • ・・・白兎やモルモットらしいものが檻の中に動くのが見える。

      寺田寅彦「病院風景」

    • ・・・生年月日 職業 過去の健康状態 父母と弟妹の健康状態――祖父さんに性病はありませんでしたか 生物遺伝子は三代目のモルモットに最も興味がある。

      宮本百合子「一九二九年一月――二月」