• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

やは の意味

  1. [係助]《係助詞「や」+係助詞「は」から》名詞、活用語の連用形・終止形、副詞・助詞などに付く。
  1. 反語を表す。…だろうか(いや、そうではない)。
    • 「春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香―隠るる」〈古今・春上〉
  1. 疑問を表す。…(だろう)か。
    • 「ほととぎす声も聞こえず山びこはほかに鳴く音 (ね) をこたへ―せぬ」〈古今・夏〉
  1. (「やは…ぬ」の形で)勧誘・願望を表す。…しないか。…しないかなあ。…してくれればいいのに。
    • 「ここに―立たせ給はぬ(=オ立チニナリマセンカ)」〈・葵〉
  1. [補説]12は文中でも文末でも用いるが、文中にある場合、文末の活用語は連体形で結ばれる。→かは