• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

やはり【矢張り】 の意味

  1. [副]
  1. 以前と、また他と比べて違いがないさま。やっぱり。「あなたは今も―あの店へ行きますか」「父も―教師をしていた」
  1. 予測したとおりになるさま。案の定。やっぱり。「彼は―来なかった」
  1. さまざまに考えてみても、結局は同じ結果になるさま。つまるところ。やっぱり。「随分迷ったが、―行くのはやめにした」「利口なようでも―子供は子供だ」
  1. 動かずにいるさま。
    • 「老いたと言ひて、―あたたかにしてゐて」〈史記抄・匈奴伝〉
  1. [補説]「矢張り」は当て字。

やはり【矢張り】の慣用句

  1. 矢張り野に置け蓮華草
    • 《播磨(はりま)の俳人瓢水(ひょうすい)の句「手に取るなやはり野におけ蓮華草」から》野原で咲いているからこそレンゲソウは美しいのであって、摘んで観賞するものではない。そのものにふさわしい環境に置くのがよいというたとえ。