• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ゆ‐えつ【愉悦】 の意味

  1. 心から喜び楽しむこと。「―を覚える」「勝利に―する」
  • ゆ‐えつ【愉悦】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・芸術の与うる感じは愉悦の感じでなければならぬ。

      小川未明「若き姿の文芸」

    • ・・・しかし大学にある間だけの費用を支えるだけの貯金は、恐ろしい倹約と勤勉とで作り上げていたので、当人は初めて真の学生になり得たような気がして、実に清浄純粋な、いじらしい愉悦と矜持とを抱いて、余念もなしに碩学の講義を聴いたり、豊富な図書館に入った・・・

      幸田露伴「観画談」

    • ・・・蘭学の先駆者たちがたった一語の意味を判読し発見するまでに費やした辛苦とそれを発見したときの愉悦とは今から見れば滑稽にも見えるであろうが、また一面には実にうらやましい三昧の境地でもあった。

      寺田寅彦「読書の今昔」