• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ゆ・く【行く/逝く/往く】

  1. [動カ五(四)]
  1. 向こうへ移動する。「はやく―・け」
  1. 目的地へ向かって進む。「学校へ―・く」
  1. 歩く。歩いて進む。「悪路を―・く」
  1. 通り過ぎる。「沖を―・く船」
  1. 年月が経過する。「―・く秋を惜しむ」
  1. 流れる。「―・く水のごとく」
  1. (逝く)死ぬ。「君―・きて三年」
  1. 物事がはかどる。「うまく―・かない」
  1. 物事をする。「前の方法で―・くことにする」
  1. 10 気持ちが十分満足する。「納得が―・く」
  1. 11 年をとる。成長する。「年の―・かない子供」
  1. 12 嫁に行く。とつぐ。「末娘も嫁に―・く年ごろになった」
  1. 13 (「いく」の形で)俗に、性交時の快感が絶頂に達する。
  1. 14 (補助動詞)動作の継続・進行の意を表す。「やせて―・く」
  1. [可能]ゆける
  1. [補説]「いく」の語形も上代からみられ、平安時代以降は「ゆく」と併用される。「ゆく」「いく」はほとんど意味は同じであるが、古くは「ゆく」のほうがより広く使われ、特に訓点資料・和歌(「生く」との掛け詞の場合を除き)では、ほとんどすべてが「ゆく」である。現在では「ゆく」に比べて「いく」のほうが話し言葉的な感じをもち、したがって、「過ぎ行く」「散り行く」など、文章語的な語の場合には「ゆく」となるのが普通である。なお、「ゆきて」のイ音便形「ゆいて」も用いられたが、現在は一般的でなく、促音便形は「ゆく」のほうは用いられず、「いく」を用いて「いって」「いった」となる。
  1. 行きつ戻りつ
    • 同じ所を何回も行ったり戻ったりするさま。「―して待つ」「思考が―する」
  1. 行くとして可ならざるは無し
    • 何をやっても、みな十分の成果をあげることができる。
  1. 行くに径に由らず
    • 《「論語」雍也(ようや)から》裏道や小道などを通らない。常に正道を歩いて公明正大であることのたとえ。
  1. 往く者は追わず来る者は拒まず
    • 《「孟子」尽心下から》立ち去る者はあえて引きとめず、道を求めてくる者は、だれでも受け入れる。去る者は追わず、来(きた)る者は拒まず。

「ゆく【行く/逝く/往く】」の前の言葉

「ゆく【行く/逝く/往く】」の後の言葉