• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あかまつ‐のりむら【赤松則村】 とは

  1. [1277~1350]南北朝時代の武将。法名は円心。元弘の変では天皇方に属して討幕に参加したが、建武の中興後は足利尊氏 (あしかがたかうじ) を助けて北軍で活躍し、播磨 (はりま) の守護となった。