• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

よてい‐ちょうわ〔‐テウワ〕【予定調和】

  1. ライプニッツの哲学で、宇宙は互いに独立したモナドからなり、宇宙が統一的な秩序状態にあるのは、神によってモナド間に調和関係が生じるようにあらかじめ定められているからであるという学説。→モナド論
  1. (日本社会で)小説・映画・演劇・経済・政治等広い範囲で、観衆・民衆・関係者等の予想する流れに沿って事態が動き、結果も予想通りであることをいう。「勧善懲悪の―を破った時代小説」「―の法案成立」

「よてい‐ちょうわ〔‐テウワ〕【予定調和】」の前の言葉

「よてい‐ちょうわ〔‐テウワ〕【予定調和】」の後の言葉