• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

エカチェリーナ【Ekaterina】 とは

  1. ロシアの女帝。
  1. (1世)[1684~1727]在位1725~1727。ピョートル大帝の妃で、皇帝の死後、即位。ロシア科学アカデミーを創設。
  1. (2世)[1729~1796]在位1762~1796。ピョートル3世の妃。クーデターによって即位。啓蒙専制君主として君臨したが、プガチョフの反乱後、貴族の特権を拡大し、農奴制を強化。ポーランド分割、クリム‐ハン国の併合で領土を拡げた。また、学芸を奨励、美術品の収集でも有名。

エカチェリーナ【Ekaterina】の慣用句

  1. エカチェリーナきゅうでん【エカチェリーナ宮殿】
    • Ekaterininskiy dvoretsЕкатерининский дворец》ロシア連邦北西部、レニングラード州のかつてのロシア皇帝の避暑地ツァールスコエセローにある宮殿。18世紀にエカチェリーナ1世が夏の離宮を建造し、続いてエリザベータ女帝がバロック様式で改築した。設計はイタリアの建築家バルトロメオ=ラストレッリによる。壁一面を琥珀(こはく)で装飾された「琥珀の間」が有名。第二次大戦中にドイツ軍により琥珀が持ち去さられたが、2003年に復元された。1990年に「サンクトペテルブルグ歴史地区と関連建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。エカテリーナ宮殿。