りょう‐かい〔レウ‐|リヤウ‐〕【了解/×諒解】

  1. [名](スル)
  1. 物事の内容や事情を理解して承認すること。了承。「―が成り立つ」「来信の内容を―する」
  1. (ドイツ)Verstehen》ディルタイ哲学で、文化的、歴史的なものを生の表現とみなし、その生を追体験によって把握すること。理解。
  1. [用法]了解・[用法]理解――「彼は友の言う意味をすぐに了解(理解)した」「その辺の事情は了解(理解)している」など、意味がわかる、のみ込むの意では、相通じて用いられる。◇「了解」には、相手の考えや事情をわかった上で、それを認める意がある。「暗黙の了解を得る」「お申し越しの件を了解しました」◇「理解」は、意味や意図を正しくわかる意が中心となる。「文章を理解する」「何を言っているのか理解できない」◇「了解できない」は、意味はわかるが承認できないの意になり、「理解できない」は単に意味がわからないの意になる。◇類似の語「了承」は「了解」とほぼ同じに使うが、「了解」よりも承認する意が強い。「上司の了承を得る」「双方とも大筋で了承した」
  1. りょうかいおぼえがき【了解覚(え)書(き)】
  1. りょうかいしんりがく【了解心理学】
    • 自然科学的心理学に対して、心的行為を精神全体の分節としてとらえようとする心理学。W=ディルタイやE=シュプランガーが主唱。

「りょう‐かい〔レウ‐|リヤウ‐〕【了解/×諒解】」の前の言葉

「りょう‐かい〔レウ‐|リヤウ‐〕【了解/×諒解】」の後の言葉