• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あか・る【明る】 の意味

  1. [動ラ四]
  1. 明るくなる。光を放つ。
    • 「やうやうしろくなり行く、山ぎは少し―・りて」〈・一〉
  1. 光沢がある。つやがある。
    • 「御服 (みそ) は―・る妙 (たへ) 、照る妙」〈祝詞・祈年祭〉
  • あか・る【明る】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しかし日の光は消えたものの、窓掛けの向うに煙っている、まだ花盛りの夾竹桃は、この涼しそうな部屋の空気に、快い明るさを漂わしていた。

      芥川竜之介「影」

    • ・・・そうして明る年、進士の試験に及第して、渭南の尉になりました。

      芥川竜之介「黄粱夢」

    • ・・・日の暮には、まだ間があるので、光とも影ともつかない明るさが、往来に漂っている。

      芥川竜之介「野呂松人形」