• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あが・る【上がる/揚がる/挙がる】 の意味

  1. [動ラ五(四)]
  1. そのものの全体または部分の位置が低い所から高い方へ動く。
  1. ㋐低い所から高い所に移る。「二階に―・る」⇔おりる
  1. ㋑物の位置が高い所へ移る。「遮断機が―・る」「幕が―・る」⇔さがるおりる
  1. ㋒物が動き進んで高い空間に移る。「火の手が―・る」「夜空に花火が―・る」
  1. ㋓水上や水中から外に移る。「船から陸 (おか) に―・る」「風呂から―・る」
  1. ㋔履物をぬいで家の中に入る。「座敷に―・る」
  1. ㋕(揚がる)遊女屋に入って遊ぶ。「妓楼 (ぎろう) に―・る」
  1. ㋖《御所が北にあったところから、京都の町で》北に行く。「新烏丸 (からすま) 通り竹屋町―・る」⇔さがる
  1. 所有者や高位の者の手元に収められる。
  1. ㋐収益がある。「純益が―・る」
  1. ㋑(挙がる)検挙される。「犯人が―・る」
  1. 上の段階や等級へ進む。「学校に―・る」「地位が―・る」⇔さがる
  1. 程度が高まる。
  1. ㋐他と比較して高い状態にある。「右肩が―・っている」⇔さがる
  1. ㋑今までより高い状態になる。「血圧が―・る」「気温が―・る」⇔さがる
  1. ㋒(「騰る」とも書く)値段が前より高くなる。「物価が―・る」⇔さがる
  1. ㋓いちだんと望ましい状態になる。「男ぶりが―・る」「腕前が―・る」
  1. ㋔勢いがつく。盛んになる。「意気が―・る」「調子が―・る」
  1. ㋕声が高く発せられる。「歓声が―・る」
  1. 《血が頭にのぼる意から》のぼせて平常心を失う。「初舞台で―・る」
  1. 物事が終わりとなる。
  1. ㋐完成する。仕上がる。「仕事が―・る」
  1. ㋑双六 (すごろく) などで、駒が最終の場所に進んで勝つ。また、トランプ・マージャンなどで役ができて勝つ。「役満で―・られた」
  1. ㋒雨がやむ。「夕立が―・る」
  1. ㋓その範囲内でまかなえる。「思ったより安く―・った」
  1. ㋔脈・乳・月経などが止まる。「つわりが―・る」
  1. ㋕魚・貝・虫などが死ぬ。草木が枯れる。「ウリの蔓 (つる) が―・る」
  1. ㋖すたれる。だめになる。「車のバッテリーが―・る」
  1. 人の目についたり、広く知られたりするようになる。
  1. ㋐掲げられる。「表彰の額が―・る」
  1. ㋑有名になる。「名が―・る」
  1. ㋒(挙がる)表し示される。「証拠が―・る」
  1. ㋓効果や実績が現れる。「成果が―・る」
  1. (揚がる)揚げ物ができる。「天ぷらが―・る」
  1. 神仏や敬うべき人などに、ある行為がなされる。
  1. ㋐神仏に供えられる。「灯明が―・る」
  1. ㋑使用人として仕える。「お屋敷に―・る」⇔さがる
  1. ㋒「食う」「飲む」「吸う」の尊敬語。召し上がる。「先生は酒を少しも―・りません」
  1. ㋓「行く」「訪ねる」の謙譲語。参上する。「お話を伺いに―・ります」
  1. 10 昔へさかのぼる。
    • 「なほ―・りての人には、あたるべくもあらじをや」〈・若菜下〉
  1. 11 馬が跳ねる。
    • 「馬の―・りさわぐなどもいとおそろしう見ゆれば」〈・三〉
  1. 12 髪が逆立つ。
    • 「汗のあゆれば、つくろひたてたる髪なども、みな―・りやしたらむとおぼゆ」〈・二七八〉
  1. 13 動詞の連用形のあとに付いて複合語をつくる。
  1. ㋐その動作が終わる意を表す。しおわる。「新聞が刷り―・る」
  1. ㋑いきつくところまでいっている状態を表す。すっかり…する。「晴れ―・る」「おどされて震え―・る」
  1. ㋒さげすみ、ののしる意を表す。しくさる。しやがる。
    • 「おおい、まち―・れ」〈滑・膝栗毛・五〉
  1. [可能]あがれる
  1. [用法]あがる・[用法]のぼる――「坂を上がる(登る)」「石段を上がる(登る)」「煙が上がる(昇る)」などでは相通じて用いる。◇「舞台に上がる」「座敷に上がる」などには「登る」は使わない。◇「山に登る」「木に登る」「はしごを登る」では「登る」を使う。◇「上がる」も「登る」も下から上への空間的移動であるが、「はしごを登って、屋根に上がった」「山道を登って、見晴らし台に上がった」などの例からもわかるように、「登る」は途中経過、経由する所を意識していう場合が多いのに対し、「上がる」は到達点ととらえることが多い。「煙が上がる」「煙が昇る」では相通じて用いられるが、「狼煙 (のろし) 」の場合は「狼煙が上がる」であって「狼煙が昇る」とはいわない。双六 (すごろく) の終着点は「あがり」であって「のぼり」ではない。
  • あが・る【上がる/揚がる/挙がる】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「私も牧野さんに頼まれたから、一度は引き受けて見たようなものの、万一ばれた日にゃ大事だと、無事に神戸へ上がるまでにゃ、随分これでも気を揉みましたぜ。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・ 五、六丁線路を伝って、ちょっとした切崕を上がるとそこは農場の構えの中になっていた。

      有島武郎「親子」

    • ・・・土を引掻いて起上がる始末で、人間もこうなると浅間しい。

      泉鏡花「木の子説法」