• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ろうし〔ラウシ〕【老子】

  1. 中国、春秋戦国時代の思想家。姓は李、名は耳 (じ) 。字 (あざな) は伯陽。諡号 (しごう) は耼 (たん) 。儒教の人為的な道徳・学問を否定し、無為自然の道を説いた。現存の「老子」の著者といわれ、の衰微をみて西方へ去ったとされるが、疑問も多い。後世、道教で尊崇され、太上老君として神格化された。生没年未詳。老耼。
  1. 中国、戦国時代の思想書。2巻。の著といわれるが、一人の手になったものではない。道を宇宙の本体とし、道に則った無為自然・謙遜柔弱の処世哲学を説く。道徳経。老子道徳経。
  1. ろうしどうとくきょう【老子道徳経】

「ろうし〔ラウシ〕【老子】」の前の言葉

「ろうし〔ラウシ〕【老子】」の後の言葉