• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき【秋】 の意味

  1. 四季の第三。の間で、日本では9・10・11月をいう。暦の上では立秋から立冬の前日まで(陰暦の7月から9月まで)をいい、天文学では、秋分から冬至まで。昼が短く、夜が長くなる。この季節は涼しくさわやかで五穀や果物の収穫期でもある。しかし、一方では台風前線の影響で雨が降りやすく、「秋の空」など変わりやすいことのたとえにされる。やがて木々は紅葉し、草花は枯れて、冬へ向かう。 秋》「秋深き隣は何をする人ぞ/芭蕉
  1. 盛りを過ぎること。終わりに近づいていること。「天下の秋」「人生の秋」
  1. 和歌などで、男女の仲の冷める意味で「飽き」に掛けて用いる。
    • 「かりそめにおく露とこそ思ひしか―にあひぬる我が袂 (たもと) かな」〈山家集・下〉
  1. [補説]暑さの厳しい夏を過ごして、さわやかな秋になると人々の活力も回復し種々な面での活動も盛んになる。それを表現して「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」「実(稔)りの秋」「スポーツの秋」などといわれる。また、特別重要な時期の意で用いられる「危急存亡の秋」などの場合は「秋」を「とき」と読む。
    書名別項。→

あき【秋】の慣用句

  1. 秋立つ
    • 暦の上で、秋の季節になる。秋に入る。 秋》「―・つや素湯(さゆ)香ばしき施薬院/蕪村
  1. 秋の鹿は笛に寄る
    • 《発情期である秋の鹿は鹿笛にもすぐに近寄ってくるところから》弱点につけ込まれて利用されやすいことのたとえ。
  1. 秋の日は釣瓶落とし
    • 秋の日が急に沈むことを、井戸に落とす釣瓶にたとえていう言葉。
  • あき【秋】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その内にもう風が立って、城下の屋敷町の武者窓の外には、溝を塞いでいた藻の下から、追い追い水の色が拡がって来た。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    •  彼は、になり切った空の様子をガラス窓越しに眺めていた。

      有島武郎「親子」

    • ・・・ その内になった。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」