• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき‐かぜ【秋風】

  1. 秋に吹く風。秋になって吹いてくる涼しい風。しゅうふう。 秋》「―や干魚をかけたる浜庇/蕪村
  1. 「秋」を「飽き」に掛けて、男女間の愛情が冷めることのたとえ。
  1. 秋風が立つ
    • 秋風が吹く。
    • 男女間の愛情が冷める。「二人の間に―・つ」
  1. あきかぜづき【秋風月】
    • 陰暦8月の異称。 秋》
  1. あきかぜの【秋風の】
    • [枕]地名の「吹上(ふきあげ)」「山吹(やまぶき)」「千江(ちえ)」などにかかる。秋風の吹く実景を表す要素が強い。
      「―千江の浦廻(うらみ)の」〈・二七二四〉