• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき‐さめ【秋雨】 の意味

  1. 秋に降る雨。しゅうう。 秋》「―や水底の草を踏み渡る/蕪村

あき‐さめ【秋雨】の慣用句

  1. あきさめぜんせん【秋雨前線】
    • 9月中旬から10月中旬にかけて日本の南岸沿いに現れる停滞前線。秋の長雨をもたらす。秋霖(しゅうりん)前線。
  • あき‐さめ【秋雨】の例文

    出典:青空文庫

    • 秋雨のしょぼしょぼと降るさみしい日、無事なようにと願い申して、岩殿寺の観音の山へ放した時は、煩っていた家内と二人、悄然として、ツィーツィーと梢を低く坂下りに樹を伝って慕い寄る声を聞いて、ほろりとして・・・

      泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」

    • ・・・外は秋雨しとしとと降って、この悲しげな雨の寂しさに堪えないで歩いてる人もあろう、こもってる人もあろう。

      伊藤左千夫「隣の嫁」

    • ・・・婆やが来てそこへ寝床を敷いてくれる頃には、深い秋雨の戸の外を通り過ぎる音がした。

      島崎藤村「ある女の生涯」