• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あきつ【秋津/蜻蛉】 の意味

  1. 《古くは「あきづ」》トンボの別名。 秋》「いくもどりつばさそよがす―かな/蛇笏

あきつ【秋津/蜻蛉】の慣用句

  1. あきつは【蜻蛉羽】
    • トンボの翅(はね)。また、そのように薄く美しい布。
  1. あきつひれ【蜻蛉領巾】
    • トンボの翅のように、薄くて美しい領巾
      「わが持てる真澄鏡(まそみかがみ)に―負ひ並(な)め持ちて馬買へわが背」〈・三三一四〉
  • あきつ【秋津/蜻蛉】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ちょうど、夏川の水から生まれる黒蜻蛉の羽のような、おののきやすい少年の心は、そのたびに新たな驚異の眸を見はらずにはいられないのである。

      芥川竜之介「大川の水」

    • ・・・その草の中を、あたかも、ひらひら、と、ものの現のように、いま生れたらしい蜻蛉が、群青の絹糸に、薄浅葱の結び玉を目にして、綾の白銀の羅を翼に縫い、ひらひら、と流の方へ、葉うつりを低くして、牡丹に誘われたように、道を伝った。

      泉鏡花「燈明之巻」

    • ・・・小児の時は、日盛に蜻蛉を釣ったと、炎天に打つかる気で、そのまま日盛を散歩した。

      泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」