• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

エフェソス【Ephesos/φεσος】 の意味

  1. 小アジアのエーゲ海岸にあった古代ギリシャの植民都市。現在のトルコ西部の町セルチュク近郊に位置する。のちローマの支配下となるが、紀元前7世紀から紀元後6世紀にかけて栄えた。ドミティアヌス神殿、ハドリアヌス神殿のほか、図書館、公衆浴場、アゴラ、大劇場などの遺跡がある。エペソ。エフェス。

エフェソス【Ephesos/φεσος】の慣用句

  1. エフェソスこうかいぎ【エフェソス公会議】
    • 431年、東ローマ皇帝テオドシウス2世の召集によりエフェソスで開かれた宗教会議。キリストの神性を否定したコンスタンチノープルの大主教ネストリウスを異端として破門、ニカイア信条の再確認が行われた。