• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき‐ない〔‐なひ〕【商い】

  1. 売り買いすること。商売。「小口の―」
  1. 売り上げ。「―が少ない」
  1. 商い三年
    • 商売での利益を上げるまでには3年かかる、3年は辛抱せよということ。
  1. 商いは牛の涎
    • 商売は、牛のよだれが切れ目なく長く垂れるように、気長く努力せよということ。
  1. 商いは草の種
    • 商売には種類が多いということ。
  1. あきないがみ【商い神】
    • 商人の守り神。恵比須(えびす)
  1. あきないぐち【商い口】
    • 商品を売り込む所。得意先。「協力して―をふやす」
    • 物を商うための巧みな話しぶり。
      「―利(き)きて、親のゆづり銀をへらさぬ人ならば」〈浮・永代蔵・一〉
  1. あきないば【商場】
  1. あきないみょうが【商い冥加】
  1. あきないみょうり【商い冥利】
    • 神仏の加護によって、商売が繁盛すること。また、その加護。商い冥加。「―に尽きる」
    • (商人の誓いの言葉として副詞的に用いて)決して。
      「男冥利―虚言(きょごん)ござらぬ」〈浄・博多小女郎
  1. あきないもの【商い物】
    • 売り買いする品物。商品。

「あき‐ない〔‐なひ〕【商い】」の前の言葉

「あき‐ない〔‐なひ〕【商い】」の後の言葉